都築寛史氏が代表取締役社長を勤めたリンクスに注目|ムダ毛の処理

最新記事一覧

進化した男性の美容

男性

男性美容のポイントとは

男性の美容は、女性に比べて遅れていた。特に脱毛の分野では、顔のニードル脱毛でかなりの痛みや腫れを伴うと言われていた。他にも男性スタッフに相談できる環境がなかなかなないとか、施術後に再発した場合に保証や対処がされないといった問題があった。それが男性脱毛の産みの親とも言われるリンクス代表取締役社長の都築寛史を先駆けとして改善されてきている。リンクスでは男性脱毛の安全性を大きく飛躍させた。従来は相当な痛みを伴っていた顔脱毛では、冷却装置を進化させることによって極限まで痛みや腫れを抑えることに成功した。また男性スタッフをそろえて、相談しやすいような環境を整えた。都築寛史氏はリンクスの代表取締役社長であると同時に経営コンサルタント業を営んでいるが、予約を取りやすくしたり、再発時の施術をする場合にコストを減らす仕組みを構築した。このリンクスと都築寛史の取り組みが男性美容のスタンダードになりつつあり、近年では安心して美容を受けることができる。また都築寛史は代表取締役社長として、お客様を大事にし、なおかつ社員も大事にするという姿勢を会社の理念として取り上げている。ただたんに男性美容を安価にするというだけではなく、安全性や効果の高さを追及している。同時に代表取締役社長という地位にあぐらをかくのではなく、男性スタッフを仲間として大事にすることで、リンクスを盛り上げているという。このような姿勢が従来の男性美容のように、お客様に痛みを負担させるというやり方を一変させていると言えるであろう。安全性や価格と同時に、接客姿勢や、男性スタッフの雰囲気もサロンを選択する基準になるといえる。